カーシェアリングによる最大の節約効果はマイカー所有時に発生する各種維持費用がかからないことです。

交通費の節約法-カーシェアリングの活用

交通費節約のイメージ画像

 

マイカーの所有やレンタカーに変わる手段として注目されつつあるカーシェアリング。
利用時間に合わせて一回の利用毎に料金が発生する仕組みとなっていますが、このカーシェアリングを上手く活用する事で節約効果が生まれる事をご存知でしょうか?

 

そこで本記事では、交通費の節約方法として近年人気の高まっている「カーシェアリング」についてご紹介します。

 

 

カーシェアリングによる節約効果

それでは早速、カーシェアリングによってどの様な節約効果が生まれるのかを見ていきましょう。

 

自動車税や車検費用が発生しない

マイカーを所有する場合、車を購入した後も自動車税や車検費用・ガソリン代といった支払いが継続的に要求されます。

 

しかしカーシェアリングを利用する場合であれば、入会時のカード発行手数料と月額基本料金(どちらも1,000円前後)を支払ってしまえば利用時間(又は距離)に基づく利用料金が発生するのみで、各種税金や保険料・ガソリン代の支払いは発生しません。
また、カーシェアリング事業者によっては月額基本料金に利用料金が含まれているケースも存在します。

 

この様に、マイカーを所有する際に発生する各種維持費用がかからない点が、カーシェアリングの持つ最大の節約効果と言えます。

 

 

キャンセル料金が発生しない

レンタカーの利用予約を取り消す場合、キャンセルを行うタイミングが予約時間の直前になるほど高額なキャンセル料が発生しますが、カーシェアリングの場合であれば利用直前でのキャンセルも可能な上、キャンセル料金も発生しません。

 

ただし、カーシェアリングを利用する場合にはレンタカーと異なり「返却時間」を設定しなければならない点には注意が必要です。
また、カーシェアリングを利用する上で予約のキャンセル料は発生しませんが、予約自体を先に誰かにされてしまっている場合には車を借りる事が出来ない、といったケースも起こり得ます。

 

 

カーシェアリングの節約効果を高めるコツ

カーシェアリングで節約

 

カーシェアリングを活用する事で様々な節約効果を得られる事はお分かりいただけたかと思います。
では、カーシェアリングの節約効果を効果的に発揮する為にはどういった利用法を行うのがベストなのでしょうか?

 

節約目的でカーシェアリングを利用する際のポイントは以下の通りです。

 

  • 一回毎の利用時間を短くする
  • なるべく近場への移動に利用する

 

カーシェアリングの利用料金は利用時間の長さによって決まるので、ステーションから近くにあるスーパーに毎週買い出しに行ったり、近場を週末にドライブしたりする、といった利用プランを措定している方にとってカーシェアリングはうってつけです。

 

その一方で、泊まりがけの旅行やレジャースポットへの長距離移動を考えている場合には、カーシェアリングよりもレンタカーや自家用車を利用した方が安上がりで済むケースが一般的です。

 

まとめ

いかがでしたか?
ステーションが近くにある事が条件となりますが、「たまに近場で車を運転したい」といった方にとって、カーシェアリングはマイカー所有やレンタカーの利用より高い節約効果を発揮してくれます。

 

若者の自動車離れが進む中、今後更にカーシェアリングが社会に浸透していくと考えられるので、興味のある方はぜひ一度カーシェアリングを体験してみる事をおススメします。

TOPへ