携帯キャリアを格安SIM会社に乗り換えることで、通信費を大幅に節約できます。

通信費を節約するには?

格安SIMとスマホ

 

最も手っ取り早い通信費の節約方法の1つが、格安SIMの活用です。
格安SIM事業者と手持ちの端末との組み合わせを考慮する必要はありますが、携帯キャリアを格安SIM事業者に乗り換えるだけでお手軽に月々の携帯電話料金のコストカットが行えるからです。

 

そこで本記事では、最近話題の格安SIMを活用した通信費用の節約方法についてご紹介します。

 

格安SIMとは

そもそも格安SIMとは何なのか皆さんはご存知でしょうか?
格安SIMとはその名の通り、格安料金で利用出来るSIMカードのことです。

 

大手携帯キャリアから格安SIM事業者へと契約先を乗り換えることで、一カ月あたり5,000円ほども携帯電話料金を削減する事が出来るのが特徴です。

 

格安SIMの大まかな利用手続きは、以下の通りです。

 

端末(スマートフォン・ガラケー)を用意する
  • 現在契約している通信キャリアに対して解約手続きを行う(電話番号を継続して使用したい場合には転出予約を行う)
  • 格安SIM事業者(MVNO)の店頭やWebサイト上で格安SIMを購入する
  • 格安SIMカードを端末にセットし、アクセスポイント名前(APN)を設定する

 

格安SIMによる節約効果

スマホ料金の節約

 

では次に、大手携帯キャリアと格安SIMを利用した場合の月額携帯料金について見てみましょう。

 

大手携帯キャリアと契約している場合 基本料金にパケット代やネット接続料金が加わり月々7,000~8,000円ほどの月額使用料が発生します。
格安SIMを利用した場合 月々の使用量は「制限付き通信+通話機能」分の2,000円ほどで済むのです。

 

つまり、事業者にもよりますが大手キャリアから格安SIMに乗り換えただけで月々5,000円、年間で5~6万円もの節約効果が生まれる、というワケなのです。

 

乗り換えの際に既存キャリアとの解約料やMVNO事業者との契約料を含めて15,000円前後の手数料がかかる事を考えても、長期的な視点で見れば格安SIMの利用は十分な節約効果を発揮すると言えます。
シェアハウスで家賃を節約する方法に比べたらお手軽に出来るのではないでしょうか?

 

 

通信速度の低下に注意!

この様に、格安SIMの活用が高い節約効果を生む事は確かなのですが、格安SIMを利用する事で通信速度が低下してしまう点には注意が必要です。
格安SIM事業者は独自の通信回路を持っておらず、大手携帯キャリアの通信回路の一部を借りている状態です。

 

その為、通信が混雑する昼間~夕方の時間帯にかけてはどうしても通信速度が低下してしまうのです。

 

格安SIMを利用した方の多くがこの通信速度の面で不満を抱いている様なので、通信速度と利用料金のバランスを事前に見極めた上で自分の利用プランに合った格安SIMを購入する様にしましょう。

 

まとめ

格安SIMの利用は、通信費を節約したい際の最適な解決方法の1つです。
ただし、大手携帯キャリアが販売した端末にはSIMロックがかかっているケースが多いので、現在所有している端末で格安SIMを使おうと考えておられる方は、手持ちの端末に対応した格安SIMを購入する様にしましょう。

TOPへ