フッターメニューへ

急な出費はどうする?働く女子が抱える資金調達のリアルな実態

手持ちがないのに急に断れない予定が入ってしまった…そんな時はどのように現金をゲットすれば良いのでしょうか?こちらのページでは女性の出費の理由やそれに対応する働く女子の即日現金化術などをご紹介しています。困った時はどんどん活用しましょう!

働く女子が急な出費に対応する
8つの方法

出費の計算をするイメージ画像

外せない職場の飲み会・彼氏とのデート費用・友達の急な結婚式など多くの出費が重なり、節約したくても思うように節約できない女性は少なくないでしょう。
せっかくランチをお弁当にして節約しているのに、人間関係がある以上避けられない出費はありますよね。

そこで急に必要となった現金を調達する方法をまとめてみました。

日雇いのアルバイト

その日限りで働いた分の現金を受け取る、という非常に分かりやすい方法です。
労働するという手間はかかってしまいますが、他の方法と比べて面倒な手続きや手数料、利息といったデメリットがないためオススメの方法です。

リサイクルショップの活用

使わなくなった衣類やバッグ、元彼から貰ったプレゼントなど家中探してみると意外と不要なものがいくつもあることに気づきます。
そういったものはまとめてリサイクルショップに持っていってしまいましょう。
品物によっては、期待していた以上の現金が調達できるかもしれません!

レディースキャッシング

サラ金や街金を利用する大半が男性方だということを知っていましたか?
たしかに、女性が利用するには敷居が高く感じてしまいますよね…。
しかし、レディースキャッシングと呼ばれるものであれば女性でも安心して利用可能です!
女性限定のお得なプランも存在するようなので、要チェックですね。

ギフト券買取サービス

よく見るiTunesカードやAmazonギフトカードですが、実は買取価格が額面の7~8割であることが多いんです!
他にも使う予定の無い商品券や電子マネーは専門の業者に依頼して全部現金に変えてしまいましょう。
インターネットを駆使すれば、自分の希望に近い条件で買い取りを行ってくれる業者がきっと見つかるはずです。

家族や知人に借りる

少し躊躇してしまうかもしれませんが、思い切って家族や友人にお金を貸してもらえないか頼んでみるのも1つの方法です。
最大のメリットは交渉次第ではありますが返済日をある程度融通してもらったり、金利を0円にしてもらったりすることができる点でしょう。
しかし「親しき中にも礼儀あり」というのは忘れてはいけません。

キャバクラ派遣

夜働けて、お酒が好きな人にオススメなのがキャバクラ派遣です。
日雇いアルバイトと似ていますが、その特徴はなんといっても稼げる金額の大きさです。
平均して時給3,000円~は稼ぐことが出来るため、少ない時間で効率的に稼ぎたいという方にはピッタリの方法だと言えるでしょう。

パパ活・ギャラ飲み

最近流行りのパパ活やギャラ飲みをやったことはありますか?
これはキャバクラ派遣のようにお店を介さずに個人同士のやり取りになってしまうため、稼げる金額も大きくなりやすいのですが、トラブルに発展しないように厳重な注意が必要になります。
最近では専用のアプリも登場してきているので、利用を検討してみてもいいかもしれません。

クレジットカード現金化

お財布の中にクレジットカードはありますか?
キャッシング枠を使い切ってしまった方でもご安心ください。実はショッピング枠を現金化する方法があるんです。
入金までの時間や手軽さ、お得さから人気を集めている現金調達方法になります。
クレジットカードのショッピング枠が残っている方には必見の方法です!

働く女子のリアルな出費事情

働く女子はどんな事にお金を使う?

職場付き合いから出会いまで…痛い飲み会の出費

働く女性の無駄な出費ナンバーワンは「飲み会」の出費。
節約したいのに職場の付き合いでの飲み会の出費に悩む働く女性は少なくありません。
生活費のために働いているのに、職場の人間関係を維持するために出費が嵩んでしまうなんて元も子もないですよね。

でも忙しい女子にとって飲み会は出会いの場でもあります。
職場関係の飲み会以外にも合コンや婚活イベントでの飲み会は働く女子にとって外せない出会いの場です。
飲み代は男性が払ってくれる時代は残念ながら過ぎ去ってしまったようです。
私がクレジットカード現金化を利用する最も多い理由は、やはり飲み会関係の費用を捻出することだったりします。

女の衝動買いはやめられない止まらない?

女子の出費事情で次に多いのは通販での衝動買いではないでしょうか。
近年はメルカリやAmazonなど通販やオークションサイトでタップ一つでお買い物ができる便利な世の中になりました。
期間限定の服やコスメについ無駄金を使ってしまう女性は私だけではないはず。
購入してからどうして買ってしまったのか小一時間考えてしまう前に、衝動買いの元凶になりそうなものは周りから排除してしまいましょう。

男が奢る時代は去る!かさむデート費用

女性の社会進出に伴い、男性が女性の食事代や娯楽費用を払う文化はもはや風前の灯です。これは男女平等社会の弊害の一つと言えます。

こんな冗談はさておき、やはり交際費も働く女子には痛い出費の一つであるようです。
奢って貰って当たり前の懐かしき日々は過ぎてしまったので気をつけましょう。
奢られることが当たり前だと思っている女性の皆さん、もしかしたらあなたの態度が奢られない理由の一つになっているかも?

おめでたくない友人の結婚式

20代後半に差し掛かると周りの友人が次々と結婚しだす時期です。
ウェディングドレスを着た幸せそうな写真を投稿してくれるだけならまだ良いのですが、素直に喜べないのが結婚式の招待状
日本には御祝儀という独身女性にはとてつもなく辛い文化があります。
御祝儀の平均は大体3万円程と言われています。
この3万円は働く独身OLには非常に辛い出費になってしまうのです。

そんな方にオススメしたいのが2がペアを表すから縁起がいいという無理やりこじつける金額設定方法です。
また結婚式に出席するためには着物やパーティードレス、ヘアメイクなど御祝儀以外にも様々な出費が待ち受けてしまいます。そんな時には親戚の一人に死んでもらいましょう。

ですが、人間関係が崩れてしまうのでどれもお勧めできない対処方法です。