提携先の多さに注目してポイントカードを選ぶと効率良くポイントを貯められます。

ポイントを効率的に集める方法

「ポイントが全然貯まらない!」

 

世の中にはた様々なポイントカードがありますが、これらのポイントは意識的に貯める様に心がけないと中々増えないものですよね?

 

そこで、Tポイントやdポイントに代表される各種ポイントの効率的な集め方についてご紹介します。

 

それでは早速、各種ポイント毎の効率的な集め方について見ていきましょう。

 

 

ケース1:Tポイントの集め方

Tポイントのイメージ画像

 

TSUTAYAやファミリーマートを始め、全国80万店舗以上のお店で利用可能なTポイントカード。
このTポイントカードを提携店で使用する事でTポイントが貯まるワケなのですが、ここで重要なのが「会員カードのランクに応じてポイントの貯まり方が異なる」という点です。

 

例えばTSUTAYAやファミリーマートの場合、買い物200円分当たりのポイント還元率が会員カードのランク毎に異なっています。

  • ブロンズ・・・1%
  • シルバー・・・2%
  • ゴールド・・・3%

 

ただし、会員カードのランクを上げる為には「月の利用が○○回以上」「1ヶ月あたり○○円以上を購入している」といった、そのお店毎に決められた利用基準をクリアする必要がある点には注意が必要です。

 

 

ケース2:dポイントの集め方

dポイントのアイコン

 

従来のドコモポイントから進化し、ドコモユーザー以外でも利用出来る様になったdポイント。
加盟店での買い物時に提示すれば購入額の1%(又は0.5%)分のポイントを受け取れる仕組みとなっています。

 

dポイントにおける特徴の1つが、ポイント共有グループを組むことでドコモ回線を持っていない家族ともdポイントを共有できる点です。
家族でポイント共有グループを組んだ上でドコモのサービスやdポイント加盟店での買い物を家族一丸となって積極的に行う事で、効率よくdポイントを貯める事が出来るでしょう。

 

また「dカードGOLD」を保有している場合であれば、ドコモ利用料金のポイント還元率が10%まで跳ね上がります。
ドコモ家族会員であれば1枚目のdカードGOLDを年会費無料で発行出来るので、dポイントを効率よく集めたい方は発行を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ケース3:楽天ポイントの集め方

楽天ポイントのイメージ

 

楽天の関連サービス・提携サービスを利用する事で貯まる楽天ポイントは1ポイント1円相当として様々なお店で利用する事が出来ます。

 

この楽天ポイントを効率良く集める為の方法としておススメなのが、ポイントアップキャンペーンを利用する方法です。
楽天が行っている「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」(常時開催)は楽天カードを保有していれば自動的に適用されるキャンペーンであり、特定の条件を満たすごとに貰えるポイントが2倍3倍…と増える仕組みとなっています。

 

こうしたポイントアップキャンペーンを駆使して様々な支払いを楽天カードで行う、或いは楽天関連のサービスを積極的に利用することで、短期間でたくさんの楽天ポイントを貯める事が出来るでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
本記事では数あるポイントの中でも特にメジャーなものを3つご紹介させていただきました。

 

近年では様々なサービス・業界と提携したポイントカードが多数存在するので、こうした「提携先の多さ」に注目して利用するポイントカードを選ぶのも効率よくポイントを貯める為のコツと言えます。

 

必要になった家電や家具などはフリマアプリを使って節約する方法もありますが、ポイント割引で購入するのもいいですね。

TOPへ