シェアハウスを利用することで、家賃や初期費用を節約することができます。

家賃を節約する方法

家賃はどうやって節約する?

 

「シェアハウスで暮らすと節約効果がある」という事をご存知でしょうか?
特に最近では、節約目的でシャアハウスを利用する20代・30代の方々が増加傾向にあります。

 

そこで本記事では、シェアハウスを活用した家賃の節約方法についてご紹介します。

 

シェアハウスが節約に向いている理由

それでは早速、「なぜシェアハウスでの暮らしが節約に繋がるのか?」について見ていきましょう。

 

初期費用が安い

シェアハウスでの生活が節約に繋がる1つ目の理由は敷金や礼金といった「初期費用」を抑えられるからです。

 

通常1人暮らしの方がアパートやマンションに引っ越す場合、これらの初期費用に家具家電製品の購入費用等を合わせて40~50万円ほどのお金が必要となります。
その点シェアハウスに引っ越す場合であれば、支払う初期費用は家賃一カ月分でOKなケースも多いですし、基本的な家具や家電も備え付けのものを利用出来る様になっています。

 

生活費が安くて済む

また、シェアハウスで生活する上での光熱費は共益費扱い(固定制)なので、冷房や暖房を多少使い過ぎても出費が嵩む、といった事態にはなりません。

 

また、女性専用シェアハウス等におけるホームセキュリティーサービスや共有スペースの利用料金も共益費に含まれているので、これらの設備を積極的に活用する事でより高い節約効果を得る事も可能です。

 

ルームメイト同士で節約意識が芽生えるケースも

そしてこれは直接的な節約効果とは異なるかも知れませんが、シェアハウスを利用する人は社会人1・2年目だったり上京したての方だったりと、お金に困りがちな方が多いといった特徴があります。

 

そうした人同士で生活していく中で自然に節約意識が芽生えた結果、浪費やムダ遣いを抑えることが出来るようになった、という意見も多数見受けられます。

 

 

 

シェアハウスが向いていない方は注意

家賃と節約どっちをとる?

 

この様にシェアハウスで生活する事には様々な節約効果がありますが、シェアハウスという生活スタイル自体が肌に合わない方には節約目的とはいえ利用する事はおススメ出来ません。

 

例えばドミトリー型のシェアハウスは相部屋が基本なっているので、生活スタイルの違いからトラブルが起きる事も少なくありません。

 

また、シェアハウスは間取りの割りに家賃などのコストパフォーマンスに優れているのが特徴ですが、物件自体の築年数が古い事も多く防音を始めとしたプライバシー保護の観点には不安があります。

 

節税目的でシェアハウスを利用する場合は、こうしたシェアハウスの持つ性質にも注意を払う様にしましょう。

 

まとめ

「家賃や光熱費を抑えたい」
「一人暮らしを始めたいけれどまとまった額の貯金がない…」
といった方にとって、シェアハウスを活用した節約はうってつけと言えます。

 

たくさんの人達と同じ空間で暮らす事に抵抗のない方は、ぜひ節約効果もかねてしてシェアハウス生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

TOPへ